歯医者嫌いにさせないコツ

  • ホーム > 
  • 歯医者嫌いにさせないコツ

お子様を「歯医者嫌い」にさせないコツがあります

お子様を「歯医者嫌い」にさせないコツがあります

歯医者に連れて行くときに、子どもが怖がったり嫌がったり泣き叫んだり……こういう心配をお持ちの親御様は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。大人の方でも歯医者で受けた辛い体験から、「痛い」「こわい」といったイメージをお持ちの方はいらっしゃいます。しかし、子どもの場合は、実際に嫌な体験をしたために歯医者嫌いになっているというわけでもないようです。

お子様を「歯医者嫌い」にさせないコツがあります

どうやら子どもたちは、周囲の大人の態度や言葉から敏感に何かを感じ取り、歯医者に恐怖心を抱いているケースが少なくないようなのです。東京都青梅市の歯医者「イヴ・デンタルクリニック」では、小さなお子様から安心して楽しくお口のケアが受けられる歯科医院です。当クリニックでは、お子様が将来自分でお口の健康管理がしやすいよう、通院に抵抗感をなくせるよう心がけています。

歯医者を受診するときに気をつけていただきたいポイント

歯医者を受診するときに気をつけていただきたいポイント

ここでは、まだ歯医者に対してよくも悪くもイメージがないお子様に、「歯医者に行くといいことがある」「お口の中が健康になる」というように、いいイメージを抱いてもらえるコツをご紹介します。そろそろ歯医者へお子様を連れて行きたいとお考えの方は、次のポイントに注意してお子様に接してみてください。

ご来院前も気をつけてください
歯医者さんを脅し文句にしないでください ブラッシングを嫌がったり、お菓子を欲しがったりしているときに、歯医者さんを引き合いに出して叱らないでください。「歯医者さん=こわい」というイメージが刷り込まれてしまいます。脅し文句には絶対使わないでください。
機嫌のいいタイミング・時間帯を選んでご予約ください 子どもには機嫌がいい時間帯、機嫌が悪くなりやすい時間帯があるかと思います。難しいかもしれませんが、できるだけ「ご機嫌」な時間帯を選んでご予約ください。
ウソをついて連れてこないでください 突然歯医者さんへ連れて行かれると、子どもだってパニックを起こしてしまいます。また「見るだけ」などと親御様から聞かされていても、実際は治療が必要なケースもあるため、そうなるとお子様にとってはウソをつかれた、だまされたという気持ちになってしまいます。出かける前に、冷静にきちんと伝えてからお越しください。
歯科医院ではリラックス
院内では親御様もリラックスしてください 親御様自身も、子どもがどういう態度になるか心配したり緊張したりしているかもしれませんね。しかし、そういった様子をお子様はしっかり見ています。親御様がリラックスして安心した様子だとお子様も安心できるでしょう。
「痛い」「こわい」はNGワード 心配なあまり、「痛い?」「大丈夫?」「こわくない?」とつい聞いてしまうかもしれません。しかし、こういった言葉を聞くことで、お子様の中に「歯医者=痛い・こわい」というイメージが植え付けられてしまいます。できるだけネガティブな言葉は使わないようにしましょう。
帰宅後もお子様をフォロー
やさしくあたたかく接してあげてください お子様が泣いてしまったり、治療がうまく受けられなかったりしても、決して叱らないでください。やさしく励まして、次の診療に向かえる勇気を養ってあげてください。
帰宅後も家族でしっかりフォローしてあげて 一つでもいいので、うまくできたことを思いっきりほめてあげましょう。自信がつくことで、ますますやる気が出てきます。よかったことをご家族にも教えてあげて、みんなでほめてあげましょう。

帰宅後もお子様をフォロー

青梅市のイヴ・デンタルクリニックでは、お子様の歯の予防を非常に大切に考えています。将来、自分の歯をいくつ残せるかは、乳歯の時からの予防が肝心。子どもにもわかりやすい言葉で、歯の大切さについて伝えます。当クリニックでは、お子様が安心できるだけでなく、楽しんで通える歯科医院でありたいと工夫をこらしています。キッズルームやごほうびなどもご用意していますので、お気軽にご利用ください。

子どもにもわかりやすい表現で歯の大切さについて説明していますおかあさんとこどものための歯科治療ガイド