親知らずが痛い~口腔外科~

  • ホーム > 
  • 親知らずが痛い~口腔外科~

親知らずの痛みは口腔外科へご相談ください

親知らずの痛みは口腔外科へご相談ください

奥歯に痛みを覚えたら、親知らずが生えてきていないか確認してみましょう。親知らず智歯とも呼ばれる、前歯から8番目の歯。歯列の一番奥に、永久歯が生えそろった後から、一歩遅れて生えてきます。本来は、奥歯として使える歯なのですが、現代人の小さくなった顎には、親知らずが並ぶだけでのスペースがありません。そのため、横向きに生えたり、斜めに生えたり、歯肉に埋まったまま周囲の歯を圧迫したりと、トラブルを抱えやすい歯なのです。

親知らずの痛みは口腔外科へご相談ください

青梅市の歯医者「イヴ・デンタルクリニック」では、口腔外科で親知らずの抜歯に対応しています。奥歯に痛みがあったり、親知らずの頭が歯肉から見えたりしているなら、お早めに当クリニックへご相談ください。正確な診断と適切な処置をご提案いたします。

親知らずは必ず抜くわけではありません

親知らずは、歯並びを乱したり、ブラシが届かなくて虫歯になりやすい場合は、抜歯するケースが多くあります。しかし、すべての親知らずが抜歯されるべきかというと、そうではありません。

抜かないでいい親知らずの条件
その1.まっすぐ生えている その2.咬み合う歯がある その3.お手入れができる
親知らずがまっすぐ生え、周囲の歯へも悪い影響を及ぼしていない。 上下の親知らずが咬み合っており、いずれもトラブルを抱えていない。 問題なくブラッシングができており、痛みや腫れなどもない。

上のような条件を満たしていれば、抜歯せず温存することで、将来歯を失った時に、ブリッジの土台や失った歯の代わりとして利用できます。しかし、抜歯すべきかどうかの判断は、適切な検査を行い、歯科医師の診断なくしてはできません。親知らずが生えてきたら、ご自分で判断してしまわず、まずは口腔外科に対応した当クリニックへご相談ください。

親知らず抜歯後の注意点

親知らず抜歯後の注意点

親知らずを抜歯した後は、少なからず出血することがあります。止血のために、ガーゼもしくは綿を患部に当てますので、血が止まるまで咬んでおいてください。頬が腫れることもありますが、冷やし過ぎには注意しましょう。

なお、抜歯当日は、飲酒や激しい運動、長時間の入浴、サウナなど血行を促進することはできるだけ控え、安静に過ごしましょう。また、患部にできる血の塊は、治癒に必要なものですので、強いうがいなどで流してしまわないように気をつけてください。気になっても完備を舌や指で触らず清潔を保ってください。

その他のお口のトラブル

その他のお口のトラブル

口腔外科は、お口周りのトラブル全般に対応した診療項目です。歯や歯ぐき、顎の骨、口腔粘膜など歯周組織はもちろん、お顔の筋肉や骨格などの問題にも対処できます。お口周りに何かお困りのことがあり、どこへ相談したらいいのかわからない場合は、お気軽に口腔外科のある当クリニックへご相談ください。

外傷

スポーツによる衝撃や不慮の事故などで、歯が欠けたり、顎が脱臼したりすることがあります。さまざまなケースがありますが、お口周りの外傷では、歯や歯周組織だけでなく、骨や頭部にもダメージを与えていることがあるため、慎重さが求められます。出血や腫れなど緊急性が高い場合もありますので、ケガをされたらすぐに当クリニックへご連絡のうえ、ご来院ください。

口内炎・できもの(粘液のう胞)

唇の粘膜下の小唾液腺が傷ついて水がたまったできものを「粘液のう胞」といいます。唇を強く咬んでしまった時などにできます。放っておいても治ることがありますが、繰り返しできることもあるため、慢性化した場合はお気軽にご相談ください。その他、なかなか治らない口内炎などの診断・治療も行えます。

顎関節症

顎関節とは、耳の前にある頭蓋骨と顎の骨をつなぐ関節です。口を開ける時に痛みが合ったり、顎から異音がしたり、口が開けられないような症状があるなら、顎関節症の可能性があります。顎の関節の不具合だけでなく、お顔周辺の筋肉や全身の歪みにもつながることがありますので、何らかの治療が必要です。顎関節症は、原因によって治療法を検討する必要があります。

当クリニックで行っている顎関節症治療~マウスピース治療~

当クリニックで行っている顎関節症治療~マウスピース治療~

当クリニックで行った顎関節治療として、さまざまなケースに対応できるものが「マウスピース治療」です。歯型を採取し、お口に合わせてマウスピースを作製します。これを夜間就寝時に装着することを、3ヶ月ほど継続していただきます。患者様の症状やお口の状態に合わせて、適宜素材やタイプを検討し、最適なものをご提案いたします。気長に取り組む必要がありますが、症状の緩和効果は期待できます。顎周辺に異変がありお悩みでしたら、ガマンせず当クリニックへご相談ください。

親知らずの痛みはガマンせずにお早めにご相談ください。院内紹介・アクセス